231 Front Street, Lahaina, HI 96761 info@givingpress.com 808.123.4567

今、注目のフコイダン

最近「フコイダン」という言葉をよく耳にしませんか?
テレビCMや雑誌、新聞広告などで目にする機会が多いかと思います。
そもそも「フコイダン」とは何かと言うと、モズクやメカブ、昆布などの海藻類ってヌルヌルしてますよね。
そのヌルヌル成分の中に「フコイダン」という物質が含まれています。
近年解明されつつあるその「フコイダン」の力ですが、すごいものです。
癌ばかりでなく、糖尿病や高血圧、慢性肝炎にアトピー性皮膚炎とさまざまな現代病に良いということがわかってきている様です。
特に癌治療の中でフコイダンは注目されている様です。
その効果というのが、癌の抑制効果だそうです。
フコイダンによる癌の抑制効果には、抗がん剤よりも画期的なものがあると期待されているそうです。
「フコイダン」は、海藻の種類によって含まれる量がちがいます。
フコイダンがもっとも多く含まれる海藻は、トンガ産のモズクだそうです。
その次に沖縄モズクで、わかめ、メカブ、昆布の順になっています。
モズクはメカブや昆布に比べ約5倍のフコイダンが含まれている様です。
沖縄に長寿者が多いのは、フコイダンを多く含んでいるモズクや昆布を食べる習慣があるからなのかもしれません。